クロツグミ
Fri.19.05.2017 Posted in 石狩エリア
クロツグミbl1705
今年はオオルリやキビタキの声が少なく、相対的にクロツグミの声が目立った早春でした。

その美しい声はいつも高いところから聞こえてくるため、姿を見つけてもなかなか撮影しづらいのです。

それでも、遠征先でシュラフの中から、朝一番にクロツグミの声が聞こえてきて起こされる時、

強く春を実感し、幸せなのです。

スポンサーサイト

Theme: 野鳥の写真 « 写真

ヒヨドリ
Wed.01.03.2017 Posted in 石狩エリア
ヒヨドリbl1703
ついに、市内全域のナナカマドの実が売り切れました。約一ヶ月半の販売期間に、いろいろなメンバーが顔を出してくれました。今年はレンジャクは少なく、アトリがやや多かった印象です。
アッという間だったなぁ。市内での撮影は、たくさんチャンスがありそうで、結構難しいものです。

ヒヨドリも小群で移動しているものを時々見かけました。背中側の羽毛は渋いですが、綺麗です。

Theme: 野鳥の写真 « 写真

アトリ
Fri.17.02.2017 Posted in 石狩エリア
気象予報士がいい感じのことを言っているなぁと思って聞いたが、最後のひとフレーズはうる覚え。

『冬から春へとの変化は・・・光の春がきて、気温の春がくる、
そして生き物の春で感じます』と。

私の頭の中では瞬時に翻訳されて、次のように変わっていました。

『冬から春へとの変化は・・・さえずりの春がきて、羽毛の変化の春がくる、
そして渡りの春で感じます』と。

ま、簡単に言うと、こんな真っ白な世界でも、生き物たちは春を感じ取っているという
‘当たり前だけど鋭い’ 感覚に感心します。

そして、アトリの羽毛の変化を観て、こう感じている自分はどれくらいマニアックなのだろう。と自嘲するのです。

アトリbl1702

Theme: 野鳥の写真 « 写真

ケアシノスリ
Thu.01.12.2016 Posted in 石狩エリア
夕日に染まったの風のない河川敷を走っていると、遠くにホバリングをする白い猛禽が見えた。
深い葦原を丹念に見つめるが、ネズミは捕れなかったようだ。
枯れ木の上で休みながらも、鋭い目つきで畑を睨んでいた。
ケアシノスリbl1612

Theme: 野鳥の写真 « 写真

ユキホオジロ
Mon.28.11.2016 Posted in 石狩エリア
寒さが早くやってきたこの冬と、例年になく賑やかな冬鳥の渡来には何か因果があるのだろうか?
以前、吹雪の野付半島まで出向き、一羽の影を見ただけのユキホオジロが、
石狩エリアに現れた。

今回はその美しい白さをしっかりと目に焼き付けた。次は真っ白な世界で群れに会ってみたいな。
ユキホオジロbl16113


ユキホオジロにユキ
ユキホオジロbl16114

Theme: 野鳥の写真 « 写真

ダイゼン
Tue.25.10.2016 Posted in 石狩エリア
ダイゼンbl1610
今年もよくシギ・チドリ類を観に行きました。

ダイゼンはほかの鳥とは少し離れたところで、マイペースで休んでいました。
夕方になってようやく。

トコトコ。

陸側でえさを採っては、水辺までくわえて行ってジャブジャブして食べていました。

眼が大きくてかわいいいのですが、それがどこか物寂しさをも漂わせるのです。

秋の終わり。


Theme: 野鳥の写真 « 写真

ミサゴ
Thu.20.10.2016 Posted in 石狩エリア
9月末、最後の夏の日差しを浴びながら、ひと夏を過ごした浜辺を名残惜しそうにみつめていた。
ミサゴbl21610

また来年。
ミサゴbl216101

Theme: 野鳥の写真 « 写真

シマエナガ
Sat.15.10.2016 Posted in 石狩エリア
森を歩いていると、ジュリリリ、ジュリリリィと、あの声が。
まだ葉が多く、見通しのきかない樹間を忙しなく移動しています。
シマエナガbl16101

歩道を先回りして、こちらに来ると信じて待ちました。
シマエナガbl16102

バッタリ!
こちらをジッとにらんで、あっという間に過ぎていきましたぁ。

Theme: 野鳥の写真 « 写真

オシドリ
Tue.11.10.2016 Posted in 石狩エリア
朝晩10℃を切り、だいぶ寒くなってきました。そろそろストーブをたかなくてはいけませんね。秋の色と言えば赤、黄、朱など。紅葉よりもひと際美しい姿がダム湖の上にあった。換羽の一番早いこちらの雄は、もうお相手の雌をキープしているようでした。

オシドリbl1610

今や、仲が良いと言うことより、実はそうではない。と言うことのほうが有名になりつつあるオシドリ。不名誉なことと言われても、それはオシドリの戦略であって、雄の美しさは変わりませんね。

Theme: 野鳥の写真 « 写真

ハマシギ
Thu.06.10.2016 Posted in 石狩エリア
ハマシギbl116
まっすぐ歩けません!これは千鳥足ではなくてハマシギアシです。
低気圧の通過により風速10m/sの浜で、必死に風上へ向かって行進するシギの一団がいました。

ハマシギbl216
風上まで行きつくと、また風下に戻って歩きます。
ハマシギ、ミユビシギ、トウネンの10羽が写っています。
車も波しぶき、砂嵐を被りましたが、たまには行ってみるものですね。荒天の日にも。

Theme: 野鳥の写真 « 写真

NEXT PAGE »