スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
斜里星景
Wed.23.03.2016 Posted in 天体
斜里の星空
道東遠征の締めくくりは斜里の星景。オホーツクの夜空は本当に星が近い。-12℃の中、三脚には霜がつき、タイマーの液晶は凍ってしまった。

北斗七星とカシオペア座、ペルセウス座やケフェウス座などが写っている。
西は網走、東は斜里の街の光が。さらには車のヘッドライトの光跡が入ったが、おかげで変化が付いて気に入っている。

何度見ても、飽きない、忘れられないオホーツクの星空が好きだなぁ。
中身の濃い良い旅だった。

追↓見えている範囲の星図(『ステラナビゲータ』で作図)


続きを読む »

スポンサーサイト
室蘭星景
Sun.25.10.2015 Posted in 天体
室蘭星景bl
今日は前線の通過により夜中からひょう混じりの強風。今は青空も見えるが、いよいよ冬の到来を感じさせる。

晴れていたら、タカの渡りを観にいきたかったなぁと思いをはせる室蘭。日中にたくさん渡って行ったタカに代わって、夜空にはたくさんの星が輝いていた。

カシオペアからペルセウス、すばる、ぎょしゃ座くらいまでは写っている。白鳥大橋や漁港の明かりと電波塔群の照明あってもなお、それらがよいアクセントとなった。
皆既月食
Tue.07.04.2015 Posted in 天体
皆既月食
鳥や生き物を観察していると、空や天気にも必然的に目が向いて行く。雲や星も大好きだ。今回の月食は半年ぶりとのこと。でも次の機会は3年後。先日の遠征先で鳥観の装備のまま、撮ってみました。

日中の観察を終え、冷えた体を温めようと温泉に向かったのは、まだ満月が上りはじめたころだった。
温泉に浸かっていると、みるみる欠けていく!急いで宿泊地へ向うも、途中で限界だと判断し、車を脇道へ止めて、三脚をセットした。

いろいろとその場で試行錯誤しながら、適当なものを選んで合成しました。それぞれ露出も違います。適当に撮ったものです。空は晴れてクリアだったのですが、大気のゆらぎがあったのか、なかなか納得のいくものは撮れませんでした。
また、今回の月食は皆既になってもごく一部が明るく、真っ赤な月にはなりませんでしたね。一番赤く見えたのは、皆既のちょっと前くらい。これも露出設定のおかげですが。

改めて感動したのは、欠けていく時の地球の「影」。秋や冬に自分の影が長くて驚くことは良くありますが、それよりもはるかに、一番‘長い’と感じる影がこの地球の「影」だと思います。今自分の立っている足元の地球の影が、今観ている月に写っているのだと…。そんなことを考えながら。遠いような、近いような不思議な感覚を味わっていました。