スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オカヨシガモ
Mon.28.12.2015 Posted in 道外
オカヨシガモbl1
いきなりお尻の写真で失礼します。波紋がきれいだったもので。
この写真だけで種が判別できた方はなかなかマニアックな、カモ通だと思います。今年の春に初めて北海道で観察したのですが、これまた移動中に通りかかった、道路橋の下を流れる薄暗い川に20羽以上の群れでいたのにビックリ。
ちょうどよい深さに美味しい水草がはえているようで、盛んに逆立ちして食べていました。
オカヨシガモbl
顔をあげればこちらの方。オカヨシガモです。シックな色合いがステキです。
オカヨシガモbl3
まだエクリプスのものも多くいましたが、ペアで行動するものも観られました。帰りは北海道で会えるかな?
スポンサーサイト
ナベヅル
Sat.26.12.2015 Posted in 道外
ナベヅルbl
次のポイントへの移動途中、田んぼの周りを明らかに農作業とは違う目的の車、人がズラーッと取り囲んでいる!!!一体何事かと視線の先へ目をやると。こちらの鳥が採餌中。時々首を上げ、周囲を警戒してしました。
まさか鹿児島の出水で会って以来、こんなところで出会えるとは思ってもみませんでした。大きくて、きれい、シックな姿が良いですね。
カワセミ
Wed.23.12.2015 Posted in 道外
カワセミbl
こちらも巡回中に発見。用水路の上をスーッと青い光が一筋。。

この鳥が近所の池にいるとわかって、夢中になって通ったのは中学の時でした。20年以上経ち、その頃から比べて観る機会が増えたように思います。一時は絶えるのではと心配されましたが、今や都市鳥の代表格になったと思います。
環境適応能力もあることを示していますが、それは喜ぶべきことなのかどうか。
水面を見つめ、獲物を探しては飛び込む姿、二頭身にも見えるその姿は誰もが惹かれますね。

■■■
昨日でブログを始めてちょうど一年。今日からは二年目です。これまでほんとにのんびり、ぼちぼちの更新でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。ご覧いただいている方からのコメントを励みに頑張って来れました。
これからもペースは変わらないと思いますが、野鳥と四季を追いかける日々を発信できればと思います。
宜しくお願いいたします。
ムクドリ
Mon.21.12.2015 Posted in 道外
ムクドリbl
その他の猛禽類を探して田畑の間を回っていると。
気持ちよさそ~に水浴びをしているムクドリの集団を見つけました。
風呂上りの美男子ですね。このあと一通り乾かすと、何観てるんだと言いたげに
‘キュルルルッ’と鳴いて群れへ戻りました。
チョウゲンボウ
Sat.19.12.2015 Posted in 道外
チョウゲンボウbl1
少しご無沙汰していました。この一週間、観光と出張で中部地方と九州へ行ってきました。鳥観専門ではなかったので、それほど時間は割くことはできませんでした。観たいなぁと思っていた種には会えませんでしたが、思わぬ出会いがあって、楽しい時間でした。
この杭がお気に入りらしく、あたりを見回したり、羽づくろいをしたりしながら長時間とまっていました。
チョウゲンボウbl2
鳥に興味を持った小学生の頃、一番のお気に入りがこのチョウゲンボウでした。

クマゲラ
Wed.09.12.2015 Posted in マイフィールドの森
クマゲラbl
秋からずっと森に通い、ようやく会えたクマゲラ。いることはわかっていても、生態を研究しても、やはり出会いは偶然です。
森の入口の十字路を曲がり、いつものコースを歩き始めました。すると、キョーン、キョーンと二声遠くから聞こえてきた。すぐに思い当たる場所に引き返して神経を集中させた。あんなに大きな体で黒いのに、意外と森の中では溶け込んで見つけにくい。じっと待つと地表近くから登ってきた。角が生えたみたいになっちゃったけど、雪が降る中での嬉しい出会いでした。
ミヤマカケス
Mon.07.12.2015 Posted in 石狩エリア
ミヤマカケスbl
鳥を探して林間を歩いていると、音もなくふわっと何かが降りてきて、落ち葉が舞い上がった。
そう、こちらの方、ミヤマカケス。ハト大と身体は大きく、鳴けばギャーギャーとうるさく、お世辞にも良い声とは言えないのだが、普段はそう鳴かない。恥ずかしがり屋である。
落ち葉の下のドングリをくわえるとまたふわっと舞い戻り、森の奥えと消えて行った。
キバシリ
Sat.05.12.2015 Posted in マイフィールドの森
キバシリbl
しばらく十勝遠征シリーズが続いておりましたが、森の秋の残りを紹介します。この秋はキバシリと良く出会えました。しかーし、画にするのが難しい種です。
幹にビッタリと張り付き、いつも高速でくるくると回りながら餌を探しています。あまり鳴かずにおとなしく、カラ類のかげからスススッと姿を見せ、気づけば高いところに。樹を変えて下に降りたかと思えばまたくるくると登っていきます。ユニークな動きで楽しませてくれます。