オオルリ
Thu.28.04.2016 Posted in 後志エリア
オオルリ1604
北海道にもいよいよ桜が上陸しましたが、それよりも一歩早くやってきたこちらの方。彼らのゴール地点まであとわずか。何千キロの旅のゴールのほんの手前での出会い。
さえずることはなく舞い上がったり地上に降りたりしながらえさをとっていました。花との組み合わせは無理でしたが、春の空気の中に青が眩しく写りました。
スポンサーサイト
アオジと春
Wed.20.04.2016 Posted in 石狩エリア
樹の上はまだまだ寒そうですが、着実に春は来ています。
季節の変化は『光の変化』だと、北海道に来て強く感じるようになりました。
アオジ1604
この夏鳥だけは、渡来してすぐに大きな声でさえずります。たとえ短い距離だとしても、ウグイスのように練習期間が無くても上手にさえずれるのですね。

良い声だなぁ。



フキノトウbl

北海道の春は足元からやってきます。

ザゼンソウbl


オオアカゲラ
Wed.13.04.2016 Posted in マイフィールドの森
オオアカゲラ雄
マイフィールドの森は定期的に歩いていたのですがアップが追いつかず。この冬のオオアカゲラとの出会いから雄と雌をセットで。
オオアカゲラ雌
頭頂部が赤いか黒いかで結構印象が違います。アカゲラに比べると一か所を粘り強く突いている印象があります。キツツキの仲間はそれぞれの習性に違いがあって観ていて飽きません。

カワガラス
Sat.09.04.2016 Posted in 後志エリア
カワガラスbl1
こちらも同じように難しい被写体の一種、カワガラス。冷たい水をものともせず、何度も顔を突っ込んでは虫を捕らえていました。黒々と見えるけど、よく観ると茶色の中にもきれいなグラデーションが。
この丸っとした体形が何とも言えず可愛らしいですね。
カワガラスbl2
こんなシーンも観察できました。春の兆しのしてくるころとは言え、まだまだ寒い、雪の残る時期から繁殖を始める。そろそろ抱卵期に入っているのだろうなぁ。

ミソサザイ
Wed.06.04.2016 Posted in 後志エリア
ミソサザイbl0406
出会っても出会っても、撮っても撮っても、納得のいかない種。
なんだか、そういう種って、誰にもありませんか?
茂みの中をちょこちょこ動き回り、地味で目立たない。でも、それだけではなく、どこかしっくりこないのです。

そろそろさえずりを聴きに行きたいな。

コミミズク
Fri.01.04.2016 Posted in 胆振エリア
コミミズクbl161
ちょっと時季外れですが、今季会えたコミミズク。今回は凛々しい表情を。
ふわふわ飛んでいるようで、意外とスピードがある独特の飛翔。
コミミズクbl162
鋭い耳と眼差しで地表をさぐり、急旋回してネズミを捕えた。
が、写真はいまいち。難しくて苦労しました。

また来年、来てくれますように。と言うか無事に帰れたのだろうか。。。