ノゴマ
Fri.10.06.2016 Posted in 石狩エリア
ノゴマbl160605
身体は地味ですが、その喉元は眩しくて眩しくて。毎度驚き、感心します。
お口の中は真っ黒。白い眉班とほっぺ。。。そして美声という何とも見事な組み合わせ。

今年はちょっと出会いが遅かったけど、ちゃんと来ていてほっとしました。

関連記事
スポンサーサイト

« ツメナガセキレイ | Home | コヨシキリ »

comments

うんうん"^_^"
いよいよですね~こちらじゃ秋に沢山の人を集める人気者です。
遅めということですが、地元ですか?

まずは容姿に憧れ、さえずりは耳にしたことが無いので楽しみ
です。これから原野の花も一気に加速でしょうか!

■isa-birdさん
おはようございます。コメントありがとうございます。
このノゴマは近所で撮りました。ただ自分が足しげく通っているわけではないので、たまたま遅く感じただけかもしれません。
そうなのですねっ!意外ですが、わたしも北海道に来て最初耳にしたときは何の声かわかりませんでしたっ!判明して感動したことを昨日のことのように覚えています。
今月であれば十分に聞けると思います。

Tさん、こんにちは。
きれい‼︎ですね〜^^
ノゴマさんは、こんな風に見られるのですね。
一度だけみたことがありますが、餌付けされた
ノゴマさんでした。
違いますね、、かっこいい〜ノゴマさん!
北海道では、夏鳥さんでしたか。
声は、アオジさんと似てると思われますか?^^

■horonさん
おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
渡り鳥は各地で位置づけが違って面白いですよね。こちらではルリビタキは冬には観れません。夏に繁殖する鳥たちは本州では春秋の移動の時期しか観られなかったりもしますし。
ノゴマの声はアオジよりももっと大きく、太みのある複雑な声で鳴きますねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する