ツメナガセキレイ
Mon.13.06.2016 Posted in オホーツクエリア
黄色と一口に言っても色々です。この濃い黄色はレモンイエローと言えば良いのかなぁ。綺麗です。
ツメナガセキレイbl1606
ちょっと出かけてきました。海岸の原生花園で花と鳥を撮れるかなと思ったのですが、ちょっと早かったようです。さらに、先日の寒波で葉先や花蕾が霜でやられていました。
その寒さも鳥たちは健気に乗り切り、囀ったり餌運びをしたり、巣材運びをしたりと忙しそうでした。

北海道は季節が4つじゃ足りない?と思うほどところ変われば空気が違います。その中で同じ種類の植物や動物を観ていると違いがあって面白いのです。それだけ色々な環境があって、広いなぁと思うわけです。

関連記事
スポンサーサイト

« シマセンニュウ | Home | ノゴマ »

comments

ほんとにレモン色の鳥さんですね。
眉斑まできれいな色ですね^^
爪長!こういう珍しい特徴を見ると
図鑑の写真に◯をつけたくなります。
poronに、◯はやめて…と言われたので
もうしませんが。
写真のリカバリーでパソコンに向かうのに
少々疲れていましたが
このレモン色でやる気がもどりました^^♡

いや~~綺麗、構図も良し!いよいよなので、どきどきです"^_^"
シシウド咲いちゃってる??ちょっと焦る気持ちも"^_^"

こんにちはw
やっぱりこの時期はそうですよねえw
↓に入れたコメントにも書いたけどあれから一年・・
ノゴマもツメナガセキレイもなんか懐かしくも感じます(笑)
先日の寒波でこちらの高原のミズナラの新緑が枯れたと聞きました・・ゆったりノンビリ穏やかに季節が移り変わってくれれば良いのになあ・・
鳥さんだってびっくりですよね。

■horonさん
おはようございます。コメントありがとうございます。
この種は亜種が多く"キマユ"ツメナガセキレイとも言われます。ぜひ眉班にも○を付けてください。笑(poronさんに許可を得て。。。)
既に識別に役立つポイントに→が付いた図鑑があります。『フィールドガイド日本の野鳥』というのですが、これはバーダーの必携本ですのでお勧めします。

■isa-birdさん
おはようございます。コメントありがとうございます。
いやぁ~背景入れたかったのですが、花の上ではこれしかありませんでした。汗
下見のつもりで行ってきました。今季の天候は難しいですねぇ。

■brubruさん
おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
先日某ポイントでhiroさんとお会いし、一年前のことなんですねぇ~と話題に上りました。
やはりそちらでも寒波が影響しているのですね。たしかに最近はゆったりとした季節変化というのを感じなくなりましたね。急ぐのは人間だけで結構。季節は変わらないで欲しい。が、人間の影響ですものね。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する