皆既月食
Tue.07.04.2015 Posted in 天体
皆既月食
鳥や生き物を観察していると、空や天気にも必然的に目が向いて行く。雲や星も大好きだ。今回の月食は半年ぶりとのこと。でも次の機会は3年後。先日の遠征先で鳥観の装備のまま、撮ってみました。

日中の観察を終え、冷えた体を温めようと温泉に向かったのは、まだ満月が上りはじめたころだった。
温泉に浸かっていると、みるみる欠けていく!急いで宿泊地へ向うも、途中で限界だと判断し、車を脇道へ止めて、三脚をセットした。

いろいろとその場で試行錯誤しながら、適当なものを選んで合成しました。それぞれ露出も違います。適当に撮ったものです。空は晴れてクリアだったのですが、大気のゆらぎがあったのか、なかなか納得のいくものは撮れませんでした。
また、今回の月食は皆既になってもごく一部が明るく、真っ赤な月にはなりませんでしたね。一番赤く見えたのは、皆既のちょっと前くらい。これも露出設定のおかげですが。

改めて感動したのは、欠けていく時の地球の「影」。秋や冬に自分の影が長くて驚くことは良くありますが、それよりもはるかに、一番‘長い’と感じる影がこの地球の「影」だと思います。今自分の立っている足元の地球の影が、今観ている月に写っているのだと…。そんなことを考えながら。遠いような、近いような不思議な感覚を味わっていました。
関連記事
スポンサーサイト

« 春の訪れ~エゾヤチネズミ | Home | アメリカコハクチョウ »

comments

東京では見られませんでした。
blogで沖縄の月食みました、これで北海道。
北と南の月食を見せていただいたことになりますね。
こんな赤くなるのって全然知りませんでした。
人様の写真見てやっぱり見たかったなあと思いました

brubruさん
コメントありがとうございます。
そのようですね。テレビのニュースでも桜と月食を狙っている人が盛んに放送されていましたが、曇りだったよう。
鳥は雨でも観られますが、星や月はそうはいきませんものね。これこそほんとの「運(雲)は天まかせ」!?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する