キビタキ
Sun.24.05.2015 Posted in マイフィールドの森
キビタキbl
新緑の中、囀る姿をようやく確認することができ、なんだかホッとしました。というのは今月9日のこと。
この春は暖かく、例年より早く夏鳥たちが渡来していたため、キビタキもきっと早いだろうという希望を込めて探し求めること3週間あまり・・・新葉の広がりとともに諦めの気持ちも強くなり、オオルリには会えたのにキビタキには会えない。今日はやめておこうかと思いつつ、わずかな期待をこめて歩いたいつもの森の早朝。
藪からスッと動いた影が、それだ!とわかった瞬間でした。

もうこの感動といったら、病みつきですね。

一転、その後はいつも以上に毎週末に巡り会え、美声を楽しませてくれました。
遅い遅いと思っていた渡りも、記録をみると例年並みでした。まるでカレンダーを見ているかのような渡来。それにもまた生き物の素晴らしさを感じました。
関連記事
スポンサーサイト

« ルリビタキ | Home | ヤブサメ »

comments

シックリした良い絵になりましたね!こういうのは何時でも会いたいな〜と思わせてくれます。そちらも芽吹きだけは早いようで、夏鳥は標準ということでしょうかね!遠い距離を飛んできてまで子育てに都合の良い環境と思うと嬉しくなりますね(*^^*)

isa-birdさま
コメントありがとうございます!はい、これは今季6回目でのようやくのシーンなんです。
ほんとうにここまでよく渡ってきて、さらに囀るなんてと、あのちいさな身体に秘められたエネルギーに毎年感動します。このような環境に感謝です。
拙い写真ですがまた是非おこしください。

キビタキの囀りは、本当に
多彩でいつも驚かされます。

え?こんな声だったっけ?
と思うような、くぜりから
金管楽器のような
美しい囀りまで...

まだ鳥見歴が短いので
声を辿って主を突きとめるまでが
大変です( ゚д゚)

ちゃぼさん
コメントありがとうございます。
そうですね!ほんとに多彩な声の持ち主ですね。
わたしも2種が鳴き合っているのかと思いきや、一羽の声でした。って場面が何度か…。
まだまだ覚えなければなりません。
声が聴きわけられると一段と楽しくなりますよね。

キセキレイとは違って
また素晴らしいグラデーションの
む、な、も、と
ですね( ´ ▽ ` )ノ

■ちゃぼさん
はい、そうですね♪キビタキの胸の蛍光オレンジから黄色へのグラデーションは美しいです!いつもみとれてしまいます。

こんばんは
キビタキって派手なようでクロと黄色・・
新緑の中では結構目立たないもんですよね!!
でも写真撮ると見事な配色と背景になりますねw

brubruさん
そうなんですよねぇ!あまり葉が茂りすぎると見つけにくいので、いい具合の時を狙って歩きます。この時も結構薄暗い雰囲気でした。
また来年の出会いを楽しみにします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する