ハイイロチュウヒ
Thu.01.01.2015 Posted in 胆振エリア
新年明けましておめでとうございます。

ハイイロチュウヒbl


と言ったさきから2014年の撮りおさめの記事となります。

2014年の鳥観おさめは遠征先でした。例年12月に入ると、冬を代表する猛禽たちが続々と南下してきます。コミミズク、ケアシノスリ、シロハヤブサ、コチョウゲンボウ、もちろんオジロワシ、オオワシ。そして今回のハイイロチュウヒ。

中でもコミミズクとハイイロチュウヒはじっとしている日中はとても見つけにくく、夕刻から飛び回ります。時間も限られる中で、その姿を捉えるのは至難の業。
飛んでいる彼らを観察しているとかなりの確率で獲物を捕らえます。その姿を見ると、獲物を見つける能力の高さと、この寒い中を生き抜く生命力に感服します。
関連記事
スポンサーサイト

« コミミズク | Home | ヒレンジャク »

comments

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします<(_ _)>
今日も両ポイント共に 鳥さんの姿はありませんでした。
もう、難しいのかもしれませんね。
という事で来週の道東遠征を決行したいと思いま~す(^o^)丿

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

hiroさん
コメントありがとうございます。こちらこそ宜しくお願いいたします。
情報もありがとうございます。なかなか冬鳥たちの動向は読めませんね。でもそれも楽しみに続けていいきたいと思います。
道東遠征~グラッ♪

鍵コメさん
こんばんは。訪問ありがとうございます。
またのぞきに来てください。宜しくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する