クマゲラ
Sat.18.07.2015 Posted in マイフィールドの森
こちらはクマゲラ住宅。分譲後、哺乳類くらいしか利用者はいないでしょうか?なんて。
クマゲラbl
 いつも通ってる森にはクマゲラが住んでいる。冬、一面の雪に朝日が差し込んでマイナス10℃くらいにキンと冷えた中、コツ、コツと独特の音で気づいたり、巨大な食痕を見つけたり。春、遠くで鳴き声が聞こえただけでもなんだかその森の奥深さを教えてくれるような気がしてくる存在で、すぐに惚れてしまった。通ってもそう簡単に会えるわけでもなく、それがまた余計にその思いを強くしているのかもしれない。さらに、葉の茂る夏には会ったことがなかった。
 今年の春先。何気なく見上げたシラカバの樹に大きな建築中、いや掘り立て中の穴を見つけた。新鮮な掘りあとだったから、営巣してくれますようにと願ってその場を離れた。
 そろそろ巣立ちの頃だろうかと見に行くと間もなく巣立とうとしている2羽の大きな雛にオス親が餌を運んできた!給餌中、メスは姿を見せず、遠くで鳴くのみ。きっともう巣立ちを促しているのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

« トウネン | Home | コムクドリ »

comments

はいっ!!

クマゲラ住宅!入居希望します!!

いいですねぇ〜(≧∇≦)

クマゲラさんと、ご近所さんなのですか?

羨ましい限りです(≧∇≦)

■ちゃぼさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
すみません、物件はクマゲラさんが管理していますので。
近くの森には数つがいが生息しているようです。
もっと追究しなければいけませんね。

こんばんは!!
うーーんやはりクマゲラはひと味違いますねえ・・
今回の北海道・・クマゲラとエゾフクロウには会えなかったのでやはり一度は見ておきたい鳥さんの一つです。
というかトップかも〜(笑)
2羽顔出してるんですねえ・・見たいっ!!

■brubruさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですね、やっぱりちょっと存在感の強さが違います。
いやぁ拝見している今回のツアーは盛りだくさん過ぎますよ。また来て楽しむ目標にとっておいても大丈夫だと思います。道東のほうではよく繁殖のシーンが観られるようですね。

おはようございます!素晴らしいこと~~!!
シーズンを通して見守れる環境、素晴らしいです、本当に"^_^"
前ボケも上手く入り、隅を隠しましたね^_^;綺麗な絵になって
ます。いいな~~

■isa-birdさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
この市街地の中にある広い森、でもクマゲラからすると数つがいしか暮らせない狭い森なのでしょうね。鳥や生き物にとってより良くなればイイのですが。。
ボケがうまくいったのは偶然です。手持ちでしたからあわてて撮りました。トリミングもしちゃってますから(+o+)まだまだです。

ここの角度、無闇に近付くなと書いてある看板を無視して薮に入っての撮影ですよね。最低の写真です。二度としないで下さい。

上の方!

birdsphotoshikiさんはそのようなことは
されないと思います。

自然を愛する配慮のある方です。

きっと あなたより鳥の生態にも通じており、
営巣に影響を与えない距離を保つ方です。

営巣に影響を及ぼす距離への侵入や
時期に関してもよく心得ておられます。

名前を名乗らず、人を非難する
あなたの態度を見つめ直していただきたい。

皆が不快になることは、やめていただきたい。

お願いします。

遊歩道を外れた踏み分け道を通せんぼするように
下記の文言が書かれた看板が立っていました。

     観察や撮影をしようとするみなさん
         野鳥の側から考えて
   十分な愛情と注意と配慮をお願いします
   1.営巣中はヒナ、親鳥とも過敏になっています。
     刺激になるような行為は避けましょう。
          (以下略)

この看板を踏み越えて近付いていく行為が
「オレは大丈夫だから」で許されるように読めますか?

読めるのであれば、あなた方が行くべき場所は
「森」ではなく「病院」です。

ブログ主が反論されないのは「許される行為でなかった」と
考えているのだと好意的に解釈していましたが、
「お仲間」がこれでは買いかぶりだったかもしれませんね。

■ご忠告くださる方へ
いつもコメントありがとうございます。よろしければ、ご記名ください。
反論するつもりはありません。私も野鳥の側から考え、行動しています。
ただ、納得できないのは、写真をご覧いただいて、わたしが勝手に制限エリアに立ち入っていると判断される点です。現場でご注意されるなら理解できるのですが、写真や文章からそう判断されるのは無理があると思います。知り合いは山登りが趣味であり、鳥を追い回したわけではありません。登山道から見えたのです。
鳥を観察する人もすべてが悪質な行為をするわけではないと思います。たしかにそういう人もいますので、そういう行為が広がらないように今後も注意して行動していきたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する