ミサゴ
Wed.09.09.2015 Posted in 後志エリア
ミサゴbl2
海岸線でシギチドリを追いかけていると、上空を舞う大きな影。ただ、シギチドリたちが驚く相手ではない。それはミサゴだから。西の雲の切れ間から夕日が差し込み、翼がきれいに輝いた。もう少し山の陰影が出せたらよかったのだけど。

ミサゴbl1
その日最後の獲物を得ようと必死に水面下を見下ろす。今の時期、巣立った若鳥も独り立ちして狩りをしているため、同じポイントに複数羽のミサゴがいて、何度もダイビングをしていた。

ミサゴbl3
残念ながらその瞬間の良いシーンは観られなかったので、翼に光が当たっているものをもう一枚。
日没まで一時間ほど続いた。
関連記事
スポンサーサイト

« コアオアシシギ | Home | タカブシギ »

comments

最近なにかと話題だった「オスプレイ」ですね(^_^)
江別のTさんも、思いを深めてますね!!

仕事でも芸術でも、言葉は感性を磨く!と言いますが、この経験は後に残りますね!

時に夕陽は、物陰をロマンチックにしますね。

■isa-birdさん
こんばんは。さっそくのコメントありがとうございます。
う~ん、写真で見るとあの機械のぎこちなさとこの鳥のしなやかさは別物。あんなに墜落するものにこの鳥の名前を使って!と怒っているのは鳥観の人間だけでしょう。でも一方でうまいネーミングと思ってしまう。
まだまだ感性も技術も磨かなくてはなりません。

こんばんは。
背景の夕焼け色も秋の装いですね・・
あまり猛禽追いかけない僕なのですが、ミサゴってずっと一番好きな猛禽なんです。
魚しか食べないせいもあるし・・初めて猛禽とったのがミサゴのダイブだったし。
あの色合いも良いし飛んでる姿もかっこいいしw

こちらでは近隣の川でミサゴの狩りがもう間もなく見られるようになります
広い河川敷で撮りやすいから良いんですが多い時はCM100人(笑)です・・・
初夏の北海道旅行で、一番初めに撮ったのは稚内メグマ沼で遠くに飛ぶミサゴでしたw
飛び込むのかなあと思ったけど通り過ぎました〜

■brubruさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
ほんと独特な猛禽類であり、観察しやすい猛禽類なので、好きですよね。
100人のカメラマンとは驚きです!!!そんな場面に遭遇したことないので想像できません。そんな人数で構えていてもミサゴが飛来するのですね。
北海道ではいよいよ渡去する時期ですが、そちらでもいなくなるのですね!?

こんばんは
ミサゴはこちらでは冬もいます。
100人集まる川はちょうど10月になると堰に魚が集まってくるのでそれを狙ってミサゴが登場します。
河川敷が広いのでズラ〜っと大砲が並んで(笑)
どこに飛び込むかはわかりませんが運が良ければ目の前で
ミサゴショーが繰り広げられるわけですw

その後段々と下流に移って漁をするようです。

■brubruさん
なるほど!ポイントを移動するのですね。
それにしても100人集まるところをちょっと見てみたい気がします。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する