マガン
Sun.11.10.2015 Posted in 空知エリア
マガンabl1
「初雁」のたよりがやってきた。朝晩の温度がグッと冷え込むころ、稲刈りとどちらが早いかと言うタイミングだ。5年以上かけ、ようやく思い描いたものに近づけた気がする。
かつては越冬のために日本全国へやってきていたマガン。今年のカウントでは少なくとも約12万羽は渡来していることがわかった。美唄の宮島沼では今季は一気に増え、6万5千羽をカウントしたかと思いきや数日で1万羽まで抜けた。
鳥の数とタイミングは予想がつかない。でもそんな心配がないような数になって欲しい。
マガンabl2
秋のマガンの中には今年生まれの幼鳥がいる(右側の2羽)。生まれたその年に4,000kmも飛んでくるなんて。冬を乗り越えてたくましくなってまた春に戻ってきてくれるといいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

« コゲラ | Home | コガモ »

comments

おはようございます
この光景も実は一度は見たい光景なんです。
秋にはここにマガンがたくさん・・なんて話を北海道に行ったとき色々伺ってw

四季全部行かなくちゃならないですねえ・・大変だぁ(笑)
関東でもヒシクイの越冬地があって去年行ってみたんですが遠くて遠くて(涙)
おっしゃるようにほんと鳥はタイミングが難しいですね

年月かかって仰ってる意味がわかるような気がします
トラクター最高!!

とても季節が映し出される素敵なお写真ですね。
以前、北海道の方から宮沼島のマガンのことを聞いたことがあります。北海道憧れの地です。
昨日、大阪の都市公園で約15名大砲のようなカメラを構えておりりました。何かたずねるとオオルリの若。私も撮らせてもらいました。10分後、タイム!と。なにか?と思うと。。ミルワームを木に… そうだったか。。と、それもいいのですが、、何か違う。と、帰りました。
季節と野鳥を撮れるように頑張ります(*^^*)

日本の原風景に会う鳥なのでしょうね!いいなぁ~~
こちら関東で群れを見られるとしたら、前述されたヒシクイくらいですが、写真に残せるような距離ではありません。。。気を使いすぎというか(汗)いつも避けて通ってました(笑)
大昔はこちらでもそんな光景があったのだろうな!なんてこの写真をながめてました"^_^"

みなさまコメントありがとうございます。すみませんおそくなりました。

■brubruさん
北海道はほんとに四季の景色がはっきりしていてそれぞれの表情があり楽しいです。秋は移動性の鳥が多いですが、brubruさんの運を持ってすれば、大丈夫でしょう!秋にも是非いらしてください。

■horonさん
マガンたちが餌を食べる水田も人為的な環境です。でも、餌付けをするのも人の行動なのですね。さらには種を存続させるために餌付けをし、成功している例もあります。それだけ人の行動が野生の動物たちに影響を与えているということを忘れないでいようと思います。わたしもきっとその場を立ち去ると思います。

■isa-birdさん
そうですね。人里の風景ですね。関東では冬の間中いるのだから、警戒心もそう高くないのだろうと考えていましたが、違うのですね。知りませんでした。
今年ももう関東周辺まで南下していると思うので、会いに行ってみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する