シジュウカラガン
Sun.22.11.2015 Posted in 十勝エリア
シジュウカラガンbl
11月、十勝エリアにはハクチョウ、ヒシクイ、マガン、ハクガン、そしてこのシジュウカラガンが集結する。宮島沼で観ていたマガンたちの渡りのパターンとは異なり、やや長期滞在ののちさらに南下していく。それぞれの種にそれぞれの事情、ペースがあるようだ。
シジュウカラガンはおよそ500羽以上がカウントされている。ハクチョウやガン類と一緒に行動していることが多いが、比較的身軽でかつ警戒心が強いのか、よく飛び立って小移動を繰り返していた。
綺麗に塗り分けた顔や尾の模様と、地味だけど良くみるととても美しい羽毛の持ち主のこのガンは、結構なお気に入りです。
この種も途絶えていた日本への渡りを、人の手助けを得て復活させたのですね。
関連記事
スポンサーサイト

Theme: 野鳥の写真 « 写真

« ハクガン | Home | タンチョウ »

comments

こんにちは。
山を背負ったシジュウカラガンの飛翔、素敵ですね。
私も群れで飛ぶ、シジュウカラガン、撮ってみたいものです。
もう少し経つと南下して、新潟辺りまで来てくれたなら、チャンスがあったら挑戦してみます。

■birdbirdさん
こんばんは。コメントありがとうございます!
数が増えてくると、ハクガンのように少し分散したりする可能性が高まりますね。寒さや雪の量なども関係しているのでしょうか。山バックはそちらの山のほうが高く、色がきれいだと思うので、楽しみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する