ハクガン
Mon.23.11.2015 Posted in 十勝エリア
ハクガンbll
ハクガンたちは、北海道を離れ、本州の方へ渡って行ったことを『鳥・撮り・トリミング』のKX2_Birderさんのブログで知りました。
今夏は繁殖がうまくいったのでしょうか、幼鳥をたくさん観察することができました。
春の出会いもそうでしたが、鳥との相性というものはあるのでしょうね。このような画しか撮れませんでした。
でもそんなことを言っては罰があたります。出会えなかったかもしれない窮地を地元のバーダーさんが助けてくれて撮れた写真なのでした。。。現地に朝10時に到着し、探せでも探せども見つかりません。日も暮れてきてもう諦めていたところ、近くの畑にいるよと教えてもらい、観察することができました。その節は本当にありがとうございました。
また観察できるよう、無事に冬を越すサイクルを続けて欲しいと願います。
関連記事
スポンサーサイト

« オオヒシクイ | Home | シジュウカラガン »

comments

舞う雪の白い雪原(原野とか田畑)のハクガンには憧れがあります。。。こちらでは信越北陸に出向かないと見られません。が、幼鳥3羽(当初6羽)が河川敷きの芝生に飛来。。。大騒ぎのようです(汗)何十年ぶりとか。。。

希少なら尚出会いたいは心理ですね(^^; ただ、情報にばかりとらわれると結局自分も見失うって。。。大げさ(笑)一期一会でいいのでしょうね!いい絵ですよ"^_^"

■isa-birdさん
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
雪が舞えばもっと良かったのですが、今日こちらは20cm以上降りました。いっきに。でもハクガンは南下した後でした(^_^.)
あの子たちはどういう経路であそこにたどりついたのでしょうね?その後の進路も心配になります。
わたしも自分を見失わないよう頑張ります!

雁の渡り素晴らしいですね(*^^*)
まだ小鳥さんしか知らない為、雁にあまり興味がなかったのですがお写真拝見してすごく見てみたくなりました。幼鳥の数が多いと聞きますと嬉しくなりますね。
なかなか簡単には会えないのですね。貴重なお写真ですね。
リアルタイムの北海道の野鳥を知ることができて嬉しいです。
此方にも、ハクガンやシジュウカラガン(←初めて知りました‼︎)は見れるかもしれないのかなぁ。調べてみます(*^^*)

こんにちは
鳥撮りをはじめてつい最近までガン類は縁がありませんでした。
家の近くにいないしなじみが無いので仕方ないのですが。
それがハクチョウを見に行ったとき1羽のマガンがハクチョウファミリーに混じって行動するのを見ました。
自分はハクチョウと思い込んでるその姿が妙に愛らしくw
その後茨城のヒシクイの越冬地にも行ってみましたが遠くて遠くて・・
シジュウカラガン、ハクガン・・こんな光景が見たいです。
これ見て先日新幹線で通った時見た車窓から見えた宮城のガンの群れを思い出しました・・
行きたくなってきました〜車走らせますかぁ(笑)

■horonさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
関西では琵琶湖にオオヒシクイが100羽前後いるようです(11/20情報)。カモ類は多いですが、ガンは難しいですね。昆陽池で楽しんだ思い出があります。
もっと個体数が増えて、渡来地が分散拡大すれば、チャンスが増えるでしょうね。

■brubruさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
わたしもそうでして、マガンの塒入りを観てだんだんと虜になっていきました。とっても魅力のある鳥ですね。
わたしは逆に越冬地での過ごし方が気になっています。是非車を走らせてみてください(^_^.)わたしも片道250kmを走って会いに行っています。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する