スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キバシリ
Sat.05.12.2015 Posted in マイフィールドの森
キバシリbl
しばらく十勝遠征シリーズが続いておりましたが、森の秋の残りを紹介します。この秋はキバシリと良く出会えました。しかーし、画にするのが難しい種です。
幹にビッタリと張り付き、いつも高速でくるくると回りながら餌を探しています。あまり鳴かずにおとなしく、カラ類のかげからスススッと姿を見せ、気づけば高いところに。樹を変えて下に降りたかと思えばまたくるくると登っていきます。ユニークな動きで楽しませてくれます。
関連記事
スポンサーサイト

« ミヤマカケス | Home | オオタカとシジュウカラガン »

comments

不思議な鳥ですね〜いれば一生懸命に撮りますが、探すと見つからない(笑)3月の春の雪山で、ペアリングの囀りも雪に響くキクイタダキのような、、、小鳥が真冬から?
そちらの冬ステージ、楽しみにしてます(*^^*)遭難しない程度に(笑)

■isa-birdさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですねっ!それはいつでもどこでも一緒ですよね。
さえずりはきれいな声ですよね。わたしも北海道(自宅近辺)での鳥のさえずりの早さには驚いています。
しかし、継続して観察をしていると、どうも日長に反応しているのではないかと考えています。まだまだ一面雪でも日差しが変化すると囀りだすように思います。
遭難、脱輪には気を付けます!ありがとうございます。

birdsphotoshikiさん こんばんは。
こちらのお写真も優しい光とお色ですね〜(*^^*)‼︎
大阪も、秋の黄色や赤色は落葉し冬の木になってきました。
キバシリは、ほんの一瞬しか見たことありません。全く、カメラなんて追いつきませんでした。
面白い動きをするのですね(*^^*)

■horonさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
この写真は少し逆光というか、林の後ろに光が入っている状況でした。黄色い葉が良い雰囲気を出してくれました。
そうなんですよねっ。ほんとすばしっこく登って行くので、追いかけるのに必死です。また会えますように。

こんばんは
キバシリはほんと撮影が難しいです・・木の肌と同じだから境目がわからなくなるし・・混群に紛れて気付いたときには木の上で・仰るとおり。
こんな背景の抜けたところの一瞬のショット・・
お見事ですw

■brubruさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですよねぇ。解ってもらえますか(^_^.)嬉しいです。
この時は地面に近いところまで降りたのを観て、そこから登ってくるだろうコースを読んで待っていました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する