ヒヨドリ
Tue.02.02.2016 Posted in 石狩エリア
ヒヨドリは今季は3位の勢力でした。昨年はこのほかにもアトリやシメ、ウソなどがこの時期のナナカマドには観られたのですが、今年は種類は多くありませんでした。
ヒヨドリbl2
みるみるうちに無くなっていったナナカマド。ものすごい勢いで食べ尽くしていった群れも今は何だか集中力がない。というか執着がない?まずい実だけが残っているのかはわからないが、こちらのヒヨドリもお腹が満腹で動くのも面倒くさそうな顔をしていた。
後ろが雪の白さなら良いが、家の壁。これも街中鳥観の味ということで。
関連記事
スポンサーサイト

« クマゲラ | Home | ツグミ »

comments

こんばんは。
訪問とコメントそしてお祝いの言葉ありがとうございます。
これからも宜しくお願いたします。
なかなかセンスの良い画を撮られる方だなーと以前から見ていました。私もリンクさせていただ来ましたの宜しくお願いいたします

■さゆうさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
早速の登録ありがとうございます。こちらも追加させて頂きました。
お褒め頂き恐縮です。今後とも野鳥と四季の風情が伝わるような写真を撮っていきたいと思います。
宜しくお願いいたします。

(笑)北海道の鳥たちは飽食ですね〜
赤い実は見るほうも、食べるほうも魅惑でしょうか!
街路樹に多くの赤い実、ナナカマドはこちらでは山の樹の実ですが、、、もし無かったらどうなってたんでしょうか(笑)

■isa-birdさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですねぇ。毎年実のなり具合を気にしています。豊作か不作かと。
そちらの山では少なければ目立って目印になるのでしょうね。こちらはたくさんあっても食べる樹と食べない樹の区別は人間にはつきません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する