マヒワ
Wed.02.03.2016 Posted in マイフィールドの森
マヒワbl
森を歩いていると頭上を ジュッ、ジュッ、ジュジュッ と独特の声の小さな群れが通り過ぎて行った。
開けた植樹エリアのハンノキに、10羽ほどでぶら下がって夢中に種子をついばんでいた。じっくりと時間をかけて撮影したが、帰って現像してみると、、、まったく思ったようには撮れていなかった。ガッカリ。
今年は小鳥類が少ないようで、この時以外、ほとんど気配を感じることはない。

春の北上に期待しよう。

エゾフクロウ
Tue.23.02.2016 Posted in マイフィールドの森
エゾフクロウ2bl1
こちらは大きなウロでおやすみ中のフクロウ。日中に観られる場合はほとんど寝ているのだが、カラスの声には敏感に反応していた。でもすぐにまた眼は閉じてしまった。
エゾフクロウ2bl2
いい形のウロなんだけど、細かい枝がたくさんで、うまくいかないなぁ~という自分の思いを映し返しているかのようなしぐさ。

シマエナガ
Sat.20.02.2016 Posted in マイフィールドの森
シマエナガbl2
12月、1月としばらく会えていなかったシマエナガ。最近は森へ入ると必ず声が聞こえてくる。

新芽をついばんだり、樹液をなめる姿が良く観察される。そっか!樹が動いているんだ。春だ!
そう言えば毎年この時期が一番出会いやすいかもしれない。でも、やっぱり枝のうるさいところがお好き。

ジュリリリ、ジュリリリ。

ハシブトガラ
Sun.14.02.2016 Posted in マイフィールドの森
ハシブトガラbl
森に入るといつも迎えてくれるこの子。小さい身体でいつも元気に飛び回っています。その様子を捉えたいのですが、なかなか難しいです。今冬も残りが短くなってきました。今までグループで仲良く行動していたのに、急に追いかけっこが始まりました!

春ですね。

ヤマゲラ
Wed.10.02.2016 Posted in マイフィールドの森
ヤマゲラbl2
森の中に届く日の光が強く、明るくなってきた。春分のころから、鳥たちはそれを敏感に感じ取り、さえずりやドラミング、追いかけっこをする。まだまだ寒く、雪は降るのだが。
ヤマゲラbl1
頭頂部の赤色が一段ときれいだ。羽毛の色が最も美しいのもこのころ。

ヤマゲラはクマゲラと並んで会う確率が低い種だ。その次にオオアカゲラ。それに対してコゲラ、アカゲラは常連さんと言ったところ。生息数だけでなく、見つけにくい一つの理由に、他と比べると最も樹を突かないということがある。
クマゲラ
Fri.05.02.2016 Posted in マイフィールドの森
クマゲラbl02
約2,000haもある森の、たった数kmを歩いたところで、遭遇できる確率は高くない。でも、そのかすかな期待を持っていつも森へ入る。今季はよく通っているだけあって、会えているほうか。ちょっと後追いなのが残念。
クマゲラbl01
多くはこんな感じで会える。枝一本がかぶってしまったが、これはこれで好きである。いくら葉の落ちた冬でもうっそうとした枝の間を縫って、何とかその姿を観察する。
ゴジュウカラ
Sun.17.01.2016 Posted in マイフィールドの森
ようやく冬本番となり、昨夜から50cmほど降り積もりました。吹雪でなく、しんしんと。静かにつもり行く様子は、ある意味恐怖です。それは除雪を意味するから。。。
さて、そんな寒さの中でも、毎週のようにフィールドには出ています。そして今日の主役は毎回相手をしてくれる森のアイドル、ゴジュウカラ。今年はホントに良く会えます。この時は-8℃くらいでしたが、その寒さは表現できていませんね。
ゴジュウカラbl5
この写真、天地を逆さまにはしていません!が、この姿勢でジッとしています。
ゴジュウカラbl3
普通はここまで。これでも傾斜している幹に下向き。このまま頭を下で降りていくこともできます。ですが、一枚目の写真は雪の積もり方と枝の向きを見て頂いたらわかるとおり、ほぼ水平の枝の下側にとまっています。
ゴジュウカラbl4
このあと、らせん状に枝先まで行き、枝先を突いていました。もう可愛くてたまりません。この動き。こんな曲芸的な動きができるのはゴジュウカラだけです!いったいこの鳥の平衡感覚はどうなっているのでしょうねっ!
もちろん、この写真も天地はひっくり返していません。
キクイタダキ
Mon.04.01.2016 Posted in マイフィールドの森
キクイタダキBL
年始の鳥観初めはいつもの森へ行ってきた。3時間ほどじっくりと歩いたが目的の鳥とは会えず。しかしこのキクイタダキが10分ばかり相手をしてくれた。
エゾリスBL2
雪で音が吸収され、より一層静かに感じる森の中。シーンとした中で立ち止まって耳を澄ますと色々な音が聞こえてくる。
バサバサっと雪の落ちる音、パキッ!と枝か樹が折れる音、コツコツ、コツコツとコゲラやアカゲラの木をつつく音、ガサッ、ガサガサッとエゾリスが木の皮をむしる音。などなど。
エゾリスBL1
そんな聞き分けをしている時間は楽しい。もちろん鳥の声を聞き逃すことはないが。
クマゲラ
Wed.09.12.2015 Posted in マイフィールドの森
クマゲラbl
秋からずっと森に通い、ようやく会えたクマゲラ。いることはわかっていても、生態を研究しても、やはり出会いは偶然です。
森の入口の十字路を曲がり、いつものコースを歩き始めました。すると、キョーン、キョーンと二声遠くから聞こえてきた。すぐに思い当たる場所に引き返して神経を集中させた。あんなに大きな体で黒いのに、意外と森の中では溶け込んで見つけにくい。じっと待つと地表近くから登ってきた。角が生えたみたいになっちゃったけど、雪が降る中での嬉しい出会いでした。
キバシリ
Sat.05.12.2015 Posted in マイフィールドの森
キバシリbl
しばらく十勝遠征シリーズが続いておりましたが、森の秋の残りを紹介します。この秋はキバシリと良く出会えました。しかーし、画にするのが難しい種です。
幹にビッタリと張り付き、いつも高速でくるくると回りながら餌を探しています。あまり鳴かずにおとなしく、カラ類のかげからスススッと姿を見せ、気づけば高いところに。樹を変えて下に降りたかと思えばまたくるくると登っていきます。ユニークな動きで楽しませてくれます。

« PREV PAGE NEXT PAGE »